シアリスの飲み合わせ

シアリスの飲み合わせについて

シアリスの飲み合わせにおける注意事項

シアリスは、狭心症や心不全の治療に使う硝酸薬、いわゆる「ニトロ」と呼ばれる薬と併用してはいけません。

併用により急激に血圧が下がることがあり、非常に危険なのです。

硝酸薬には飲み薬のほか、貼り薬(テープ)や軟膏、口内スプレー、注射剤などさまざまなタイプがありますので注意が必要でしょう。

そのほか、α遮断薬に分類される排尿障害治療薬や降圧薬を飲んでいる場合は、血圧の変動に注意するなど慎重に用いる必要があるのです。

飲み合わせの悪い薬は、ニトログリセリン(ニトロペン、その他)、硝酸イソソルビド(ニトロール、その他)、ニコランジル(シグマート)、ニプラジロール(ハイパジールコーワ)などです。

飲み合わせに注意が必要なものは、Α遮断薬(ハルナール等)、イトラコナゾール(イトリゾール)、クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)、テラプレビル(テラビック)、リファンピシン(リファジン)、降圧薬、グレープフルーツジュースなどです。

服用後、一時的に視野がかすんだり、物の色が異常に見えることがあります。

また、めまいを起こすこともありますので、車の運転や高所での危険作業には十分注意するようにしましょう。

飲む飲まないですか、あるいは使用頻度については、その人のライフスタイルや価値観によるところです。決まっていることはありません。

また、使用にあたっては自分中心に考えるのではなく、パートナーとの2人の問題としてとらえることが大切です。

処方してもらうには、医師の診察が必要です。

ですが、保険はききません。自由診療扱いとなります。

通常、成人は1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口服用します。

10mgの服用で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができます。

軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えないこと。

なお、いずれの場合も1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とすることが大切です。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ