シアリスと風邪薬

シアリスと風邪薬の併用

シアリスと風邪薬の併用について

シアリスは、食事の影響を受けないことから、利用しやすいといわれているed治療薬です。

同じed治療薬でも、バイアグラは食事の影響を受けますので、こういった特徴の知識も踏まえた上で、シアリスは多くの方々から選ばれているようです。

日常的に服用するシアリスですから、他にも併用が心配なものがあれば知っておきたいものです。

せっかくシアリスを飲んだのに、風邪気味になってしまった場合、風邪薬を服用しても副作用など出ないのでしょうか。

シアリスと風邪薬を併用しても、問題ないということです。

シアリスの効果は、摂取した15分~30分後には現れ、24時間~最長36時間も持続します。

利用者の中には、効き始めるのは1時間後くらいからだけれど、効果は36時間以上続くという方もいます。

個人差はあるものの、2日近く効果が続くことになりますから、その間に風邪薬が必要になることもあるでしょう。

予定がある日など早めに治しておきたいときに、風邪薬が併用できるのはありがたいですね。

風邪薬以外に、鎮痛剤とシアリスの併用も可能です。

アルコールを摂取してからシアリスを飲んでも、特に影響はありません。

しかし、アルコール自体がedにあまりよくありませんので、大量の飲酒はお勧めできません。

購入したシアリスは、風邪薬などの一般的な薬と同様に、常温で保存することができます。

常温とは、15度から30度くらいです。

シアリスは、1回10mgの摂取がちょうどいい分量の方が、20mgの錠剤を購入してから、半分に割って服用することがよくあります。

シアリスの保管は、湿気が多いところでなければ、シートから外しても問題ないのですが、割ってしまった残り分は早めに利用するようにしましょう。

酸化が早まることから、半分を残したままにしない方が、効果がしっかり維持されます。

シアリスの有効期限は、新しいものでしたら2年近くあります。

処方されたものは、少なくとも1年以上経っていても、効果に問題ありません。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ