シアリスのジェネリック

シアリスのジェネリック商品とは

シアリスのジェネリックについて

シアリスは、2003年にアメリカで販売を開始され、日本では2007年に製造販売を認可されて医療機関向けに販売を開始されました。

バイアグラ、レビトラなどに続いてシアリスが3種類目の治療薬です。

食事の有無に関わらず服用が可能であることや、バイアグラなどと比べて服用後長時間にわたって勃起機能改善効果が認められているなどから、最近注目を集めています。

シアリスとは、タダラフィル (tadalafil) とも呼ばれ、米国Eli Lilly社と米国ICOS社が共同出資したLilly ICOS社から発売されたED治療薬です。

シアリスの服用方法は一日に一回で、それ以上の服用はよくないとされています。

また、毎日の服用もお勧めできません。

性行為の12時間以内に10mgを服用するのが一般的なようです。場合によっては20mgまでなら可能なようです。

シアリスの服用の注意事項としては、高血圧・低血圧と心臓病の方、未成年の方は服用しない、手術後6ヶ月間は使用しない、ニトログリセリン系の薬または心臓病を治療する薬を服用している方は絶対に服用しない、服用24時間前後に降血圧薬の服用はしないなどがあげられています。

ジェネリックシアリスには、「メガリス」・「タダリスSX」・「タダラフィル」・「フォーゼスト」・「エレクタリス」が販売されています。主成分はシアリスと同成分のタダラフィルです。

バイアグラ同じで、薬価は病院や販売業者単位で自由に決められています。

ですので、「シアリスはいくら」とはっきりした価格はないのですが、日本新薬から発売されているシアリス20mgは、1錠2,000円を目安に決められているようです。

人気の「メガリス」「タダリスSX」「タダラフィル」を例に薬剤費を計算してみましょう。

メガリスは28錠2,900円です。1錠あたり103円になります。タダリスSXは28錠3,600円です。

1錠あたり128円になります。タダラフィルは30錠3,700円です。1錠あたり123円になります。

1錠2,000円程度の日本新薬のシアリスと比べると、19分の1程度まで薬剤費が安くなります。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ