シアリスと運動

シアリスと運動について

シアリスと運動の関係について

シアリスを服用しているとき、運動をすることが問題になることはあるのでしょうか。

シアリスなどのed治療薬は、狭心症などの心臓病と診断されている方で、ニトログリセリンを処方されている患者さんは、使用が禁じられています。

理由は、血圧が急激に低下する場合があるためです。

シアリスを服用してからの性行為中に、発作が出るケースというのは、心臓に対してそもそも性行為という運動が耐えられなかったと考えられます。

発作が起きることとシアリスと関係があるかは、解っていません。

ある専門家によれば、性行為自体が運動であるということから、心臓を患っているときに運動を行うことが、心臓に負担をかけているのだということです。

ed治療薬のシアリスやレビトラ、バイアグラは、いずれも直接心臓に負担をかけることはないと考えられています。

心血管疾患の心筋梗塞などの症状を、これら3種類のed治療薬を摂取することによって増やすことはないそうです。

性行為に必要な運動耐用能というものが、示されていました。

エネルギー消費量の単位をMETsとし、安静座位のときに消費するエネルギー量を1 METsとすると、性行為では5 METs~6 METsを要するということです。

具体例として、階段を手に荷物を持った状態で3階までのぼった場合のエネルギー消費量に匹敵するのだそうです。

日頃運動不足ぎみの生活を送っていると、ついついエレベーターを利用してしまい、階段を3階分あがるのも、骨が折れるものです。

荷物を持っていなくても面倒なのですから、両手にいろいろ抱えているときなど、息切れするほどでしょう。

このような話を聞くと、普段からエレベーターではなく階段を使うことも、いいトレーニングになるのかもしれません。

性行為の際にはエネルギー消費量に加えて、メンタル的な要素も加わります。

気持ちが高揚した場合や、アルコールを飲んでいるときなどは、さらに負担が大きくなることが考えられます。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ